Calendar
2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レインボー

Author:レインボー
カクセンジャー レインボー参上!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

世界を平和征服!カクセンジャー!!

次元上昇の時を向かえた地球。 我らカクセンジャーは人類を覚醒へと導き、次なる時代への道標となる!!

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.08 Sun 15:45
手紙


友人に勧められて、東野圭吾 「手紙」を読みました。

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。
弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。
しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。
人の絆とは何か。
いつか罪は償えるのだろうか。
犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。


テーマが重く、心にずしりときます。

「犯罪者の家族」という烙印を押された主人公を通し、
「差別」というものの本質を垣間見ました。

頭では、口先では、「差別」はよくないこと、と
誰もが理解はしているのですが、
実際に直面すれば、やはり荘園から向き合うことの難しさを
リアルに描き出しています。

東野圭吾さんは文構成が素晴らしく、良い作家さんです。
ぜひ一読を♪




ところで、巻末に添えられた一文に心ひかれるものがありました。

ジョン・レノンの死後、彼のドキュメンタリー映画が作られたそうです。
ジョン役には、無名の新人がオーディションが選ばれたのですが、
なんと、妻オノ・ヨーコからのクレームで、彼は解雇されたそうなのです。

その理由とは・・・
彼の本名が、くしくもジョンを殺害した犯人と同姓同名だったから、
というものでした。

犯罪者と偶然同じ名前を持っていたために、
千載一遇のチャンスを逃した俳優。
彼の落ち度は何だったのか?

愛と平和への活動に一生を捧げているヨーコのこの行いは、
「差別」だったのか?

非常に興味深い一件でした。
スポンサーサイト

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © 世界を平和征服!カクセンジャー!! All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。