Calendar
2017.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

レインボー

Author:レインボー
カクセンジャー レインボー参上!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

世界を平和征服!カクセンジャー!!

次元上昇の時を向かえた地球。 我らカクセンジャーは人類を覚醒へと導き、次なる時代への道標となる!!

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.22 Sat 00:03
岐阜県岐阜市にある『乙津寺(おっしんじ)』、通称『鏡島弘法(かがしまこうぼう)』は、毎月21日が縁日でにぎわいます゚ヽ(●´ω`●)ノ
21日は弘法さまの命日だそうです。
普段は静かな寺院ですが、縁日には、境内と周辺に露店が並び、大勢の参拝者で賑わいます。
ほとんどがおじいさま、おばあさまで、巣鴨の刺抜き地蔵様もこんな感じなのでしょうか?

すぐ近くに住んでいながら、なかなかおたずねする機会がありませんでしたが、今日、初めてミコと二人で行ってきました♪
かがしま


ここはとても古いお寺で、建立は奈良時代に遡るそうで、当時は海に浮かぶ島だったそうです。
(今は岐阜は海のない県なのですが・・・。思いっきり内陸です。)
9世紀初めに、ここを訪れた空海(弘法大師)が、祈祷し、宝鏡を竜神に手向けたところ、海原の潮が引いて陸地になったそうです。
そこでこの地を「鏡島(かがしま)」と呼ぶ事にして、お寺の名前を「乙津寺(おっしんじ)」と名付けたそうです。
今もここの地名は岐阜市鏡島です。
その時空海が、手に持っていた梅の木で出来た杖を堂前に刺し、「仏法がこの地に栄えれば、この杖に枝葉も栄えるであろう」と言うと、その杖から枝が生じて葉が出たそうです。
その縁起により、このお寺は別名「梅寺」とも呼ばれています。
その梅が現在も本堂の前に生えていて「弘法大師 杖の梅」と呼ばれています。
また、最近では、枝垂れ梅がたくさん植えられ、ちょうど今日も綺麗に咲いていました。

さて、この縁日の日には、宝物である仏像たちと一緒に、「雲龍の天井画」と呼ばれる龍の絵も公開されています。
雲龍の天井画といえば、京都の妙心寺にある八方にらみの龍が有名ですが、ここ鏡島にもあるのです。
八方にらみ、とは、どこから見ても龍の目がこちらを見ているというものなのです。
ちなみに、実家が臨済宗妙心寺派だったので、京都の方も拝観したことがあります。
ぐるぐる周って見てきました。
竜

  ↑
これは京都のものです。睨まれて、何か起きるかしら・・・(¬д¬。) ジーーーッ

敷地内には、西国八十八ケ所全部の分の弘法様像と観音さま像がすえられ、ここを拝むとお遍路に周ったことになれる、というなんとも便利な霊場がしつらえてありました。
ひとつひとつ、ぜーんぶ拝んでまいりました。
ナムッ、ナムッとカニ歩きに横へいざりながら、仏像の数を数えていたのですが、何故か179あったような・・・。
88×2で176体あると思っていたのですが。。。
今度、普通の日に行ってよく見てきます。

最近、神社仏閣にご縁があるようです。
いろいろ言われや祭神、ご本尊のことを調べていくのも楽しいですφ(・ω・*)フムフムφ(。_。*)メモメモ


100日ブログ56日目 奇跡まであと44日
スポンサーサイト

Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © 世界を平和征服!カクセンジャー!! All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。